時事2

 とある女性タレントが芸能界を引退するらしい。背景には宗教があるらしく、洗脳されているとも聞く。

 

洗脳と表現する人は、宗教を信じていないという心理が内在しているように思える。確かに守護霊インタビューとか聞くとそれが普通か。

一方で、見方を変えれば敬虔なキリスト教徒やイスラム教徒(ISは置いておいて)も洗脳されているということになるだろうか。

自分の中に神を持つ、そしてその神は自分よりも上にある、創造主であると考える。新興宗教についても同じことが言えるのかわからないが、何かを信仰すると言うことに変わりはないと思う。

 

自分もそうだが、宗教と無縁(多宗教?)でいたので、この辺りの考え方というか心理がどうしても理解できない。しかし、全世界にキリスト教徒、イスラム教徒合わせて40億人いる中で、日本人のような無宗教の方がマイナーなわけで、外交問題を解決したり、企業がグローバル化する上で避けては通れない道だと考えている。理解とまではいかなくても、知識を持っておく必要はあるだろう。

 

個人的には、欧米人の働き方など宗教が大きく影響しているのではないかと考えている。

そのあたり、もう少し勉強したいと思う。