時事8

こんな記事を目にしたので。

https://news.yahoo.co.jp/byline/komazakihiroki/20160217-00054487/

 

当時のニュースについては、我が家も保育園に通わせているチビがいる身なので、他人事でなく、色々と考えさせられたと記憶している。

 

記事によれば、保育園が一向に増えない理由として、予算・自治体・物件の3つの壁を挙げている。

 

興味深いのは自治体の壁。担当職員は自分が認可した保育園が問題を起こすのを恐れて参入障壁を上げていると。なるほど。今まで国の問題とばかり思っていたが、灯台下暗し、目の前の自治体にも訴えていく必要があると。

 

このような発想に陥るのは、減点主義の評価方法にあるのではないか。チャレンジして結果を出してもさほど評価されず、むしろ失敗した時のマイナス評価を取り戻す方が難しい。また、失敗せずにそれなりに過ごしていれば年功序列で生活が保障される。そんな状況で取るべき行動は、、と考えると理に適っている気もする。

 

だからこそ、市長や地方議員がトップダウンで改革を進める必要があり、そして我々は有権者として責任を持って投票しなければいけない、と改めて思った次第である。