英語2

8月に受けたTOEICの結果が705点(L345 R360)。前回書いたように今年度の目標である700点をこれでクリアしたことになる。

 

なお、今年1月のテストを受けるまでの最後のスコアが480点。約8ヶ月で200点以上のスコアアップを達成することができた。今回はこれまでの勉強法をおさらいしておく。

 

実は英語学習は挫折の繰り返しで、勉強してはやめて、、というのが、これまでに幾度となくあった。一念発起して勉強に取り組んだのが2015年。ちょうど長期の海外出張が複数回あった時期で、時間の空いた週末はとにかく勉強。

 

その時に使った参考書がEnglishEX。

http://www.english-ex.net/

 

解説も充実していてアマゾンでの評価も高い。勉強するにあたりTOEIC力でなく本物の英語力を付ける、という少し無謀な情熱を持っていたので基礎の基礎である文型から取り組んだ・・というのが失敗。ある程度勉強してからTOEICを受けたところ、結果が480点。社会人4年目に受けたときは550点だったので、実に点数を下げる勉強をしていたことになる。さすがにこれにはショックを受けて、勉強を一旦やめてしまった。

 

TOEIC重視でない勉強をしていて、TOEICの結果に一喜一憂するのは何とも本末転倒なわけだが、これは目的がしっかりと定まっていなかったことが原因と考えている。心のどこかでTOEICスコア至上主義の世の中に反発して、実践力も身に付けてやると色気を出してしまった。

 

ただし、サラリーマンである以上、TOEICで評価されるのもまた事実。 戦略として、スコアを上げてから英会話に行くなりして英語力を身につけても遅くない、と気付いたのが2016年の秋頃。ネットで、TOEICのスコアアップに有用な勉強法や参考書を検索し、再び重い腰を上げることにした。

 

長くなったので今回はこれまで。残りは次回以降に記す。