英語3

前回の続き。

 

英語学習の目標をTOEICのスコアアップのみに方針転換してから手を付けたことは、参考書の見直し。EnglishEXはレベルが高すぎて、身につかず消化不良に終わった。

 

そこで、ネットで評判の以下の参考書を購入。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

・1駅1題 新TOEIC TEST 文法 特急

TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part2&1

 

いずれも言わずもがなの対策本。

この中で一番重きを置いたのは単語。通勤時間はほぼこれに時間を割いた。実際にテストを受けてみると、ちらほらとみたことのある単語が。やはり、リーディングするにあたり、全く情報が無いのと全然違うことを実感。480点から1月のテストで605点にアップできたのは、金フレのお陰と言っても過言ではない。

 

文法特急も目からウロコの情報が満載。いつもパート5で時間が無くなる理由がよくわかった。文法はこれだけだと問題数が少ないので、解き方を覚えたら、後はスマホアプリでひたすらトレーニング。

 

リスニングは実はあまり勉強しなかった。かけた時間に対して効果が得られるか懸念があったため。少なくとも前回の二の舞だけは避けたかったので、リーディングを優先した。

と言っても、究極のゼミから得られた解法もかなり使える内容で、リスニングのスコアも上げることができた。

 

605点からさらなる飛躍を目指すために取り組んだことは反復練習。これは次回以降に記す。