時事16

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000169-jij-pol

 

つくづく政治は茶番と思わせてくれる内容が連日報道されている。

 

安部首相は、財政健全化目標が達成できないと見るや否や、増税分を国民にとって見栄えの良い教育無償化に充てると突然言い出した。

 

何故か。

 

今回の解散総選挙過半数議席を獲得して、是が非でも憲法改正案を通したいということ他ならない。いや、果たして改正を望んでいる国民はどれだけいるのだろうか?他に取り組むべきことがあるのではないか?とはいえ、残念なことにアベノミクスは万策尽きて、もはや期待できない。であれば、今回の解散総選挙で国民は反対票を投じる必要があると思うが、結果として自民が圧勝しそうな予感。野党がだらしないこともあるとは思う。今回発足した希望を中心にどれだけ結束できるかが見所になると考えている。

 

ちなみに、希望の発足について、鼻であしらう麻生さんと、脅威として認めた石破さんの両インタビューを拝見したが、現実を見据えられているのはどちらかは言うまでもない。