音楽5

だいぶ前にJay-zの4:44を購入。つい先頃公表されたグラミー賞で最多8部門にノミネートされた作品である。懺悔アルバムということで注目を浴びているようだが、その音楽性には賛否両論あるようだ。

 

50centはアイビーリーグと揶揄していたが、なるほど、確かに言いたいことは分かる。元々、Jay-zは聴きやすい方だと思うが、さらに万人ウケしやすくというか、オシャレな仕上がりになっている。いわゆるヒップホップらしいビートに物足りなさを感じるわけで、それを良しとするか悪しとするかは聞き手次第。個人的にはこれはこれでありかなと思い、よく車で流している。反論している人は昔の面影を重ねているのだろうが、しかし彼も気付けば齢47歳。Reasonable Doubtを求めるのは、さすがに酷であろう。

 

ヒップホップシーンを盛り上げているという点では本アルバムは十分に評価できるのではないだろうか。